【JTB、HIS、近畿日本ツーリストを比較】1番安いのは?違い、特典など

jtb/his/近畿日本ツーリストを比較(どこが安い?) 子連れ沖縄旅行の費用

沖縄旅行へ行くにはどの旅行会社が安いのか?大手3社をプランやサービスを含めて比較してみました。

大手3社の主な違い

JTBの特徴

航空会社
  • JAL、ANAを利用するプランが用意されている。
ホテル
  • リーズナブルなホテルから、ファミリー向け、ハイクラスホテルなど選択肢が幅広く用意されていている
  • JTBのパンフレットを見れば沖縄の主なホテルを確認することができる。

1.JTBラウンジが利用できる

JTBは大手旅行会社だけあって、各ホテルで設定されているサービス特典に加え、JTBオリジナルの特典が充実しています。

ホテルによってはJTBで申し込んで人だけが利用できる『JTBラウンジ』なるものが設けられていています。

中には、用意されているケーキやドリンクを滞在中何度でも楽しむことができるホテルも。

このラウンジを利用すると、JTBを利用して訪れている人がいかに多いかが分かります。

ホテルよっては、連泊すると夕食が1回付いたり、出発日限定、指定ホテル利用で4日間の料金で5日間に変更できるプランもあります。

2.ベビーグッズが受け取れる「らくらくベビーパック」

子連れにおすすめなのが「らくらくベビーパック」。

対象ホテルに宿泊する場合、事前に申し込みをしておくと、紙おむつ20枚・おしりふき1つ・プールパンツ3枚をホテル受け渡しで用意してくれるというプランです。

おむつは非常にかさばる荷物ですので赤ちゃんを連れていく方には魅力的な特典です。

対象年齢:0~2歳

3.レンタカーに待たずに乗れる

沖縄ではレンタカーを借りるのにとても時間がかかるのですが、空港からタクシーでレンタカー会社に送迎してくれて、待たずにレンタカーを借りることが出来るという画期的なレンタカー配車プランが用意されています。

事前に1台1000円で申し込むことが出来ます。

H.I.Sの特徴

航空会社
  • 沖縄の場合、大手航空会社に加え、スカイマークなどの格安航空会社でいくツアーも設定されている。旅行代金が安く行けるプランはスカイマークを利用するプランが多い。
  • 成田発のLCCで行くプランもあり。
    ただ、この場合事前座席の指定ができない事となっていますので子連れの旅行には向いていない。
ホテル
  • JTBなどの旅行会社では扱いがなく、個人手配をしないと利用できないようなコテージや民宿、貸別荘などのツアープランが用意されている。もちろんリゾートホテルの設定プランもあり。

H.I.Sでは他2社にはない面白い保証プランが存在します

1.雨だとお得「お天気安心プラン」

旅行中雨が降り続けたら旅行代金をキャッシュバックしてくれるというもの。

お天気安心プランとは?
旅行日の日程中の雨が降る時間帯を予想して、「10時間」「6時間」「3時間」のいずれかを選択し、500円・1000円・1500円の加入料を支払うと加入料と時間帯に応じた金額が返金されるという仕組み。旅行代金の5%の加入料で全額キャッシュバックも選択で可能。

沖縄の場合、GW明けが比較的安く行ける時期でもあるのですが、梅雨に入る時期でもあるため心配なのは雨。

4日前まで申し込めるので、HISで申し込んでいた場合、週間天気予報をみて高確率で雨が降りそうならこの保証を付けてみるのもいいかもしれません。

台風の場合、飛行機が欠航となったら旅行代金を保証してくれることはありますが、現地で雨が降った場合の保証プランを提供しているのはこの3社の中ではHISだけです。

近畿日本ツーリスト(メイト)の特徴

航空会社
  • ANA、JALで設定されているプランがほとんど。
ホテル
  • リーズナブルなホテルから、ファミリー向けホテルまで幅は広い。

1.旅行中の休憩に「メイトお休み処」

お菓子やお茶付でお休みができる『メイトお休み処』を利用することができます。

ただこちらは滞在中何度でも利用ができるわけではなく、滞在中1回限りの利用とされていることが多いです。

2.待たずにレンタカーが利用できる

近畿日本ツーリストでもJTBと同様レンタカーが楽に借りられるプランを提供しています。

ただし、1台3,000円の追加代金がかかる上、このプランを利用できる時間帯も決まっているので注意してください。

3社それぞれメリットがある

上記3社に共通するのは、

  • 子供の添い寝プランの用意
  • 90日前・60日前割引などの早期予約割引

また、パンフレットによりますが室数限定で部屋のグレードアップを無料でしてくれるプランもあります。

JTBと近畿日本ツーリストはそれほど変わりがありませんが、特典やサービスはJTBが多種多様に用意されています

同じホテルでも各旅行会社のパンフレットによって値段設定は様々で、利用できる特典や初めから設定されている部屋タイプが違うなどで料金に差があります。

意外にもJTBが安い

単純に値段だけで比較すると、

JTB→近畿日本ツーリスト→HIS

の順で安いプランが見つかりやすいです。

もちろんその中でも各旅行会社によって用意されている特典やサービス内容が異なります。

また、各旅行会社のパンフレットによって所有している在庫数が違いますので、仮にJTBで空きがなくてもH.I.Sでは空きがあって予約できるなんてこともあります。

日程が決まったら旅行会社を比較してみることをおすすめします。

きっとそれぞれの旅行スタイルに合ったプランが見つかるでしょう。

↓JTBでプランを探してみましょう

タイトルとURLをコピーしました